FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category日記

寒い…((+_+))

trackback--  comment--
手がかじかむ季節ですね…。
部屋が寒いから手が動かないよ絵が描けないよ\(^^)/

ゲームやるのにもボタン連打が鈍るぜ。


今、DS版のクロノトリガー放置してDFF再プレイしています。

カオス陣営のDFF漫画描きたいなと思って、ネタ探しも兼ねてカオス勢のレベル上げに取り組んでおります。

コスモス&カオスレポート3つくらいしかクリアしてないからそれもあってのレベル上げ。


化粧組(笑)描きたいから、今日はウボァーさんをレベル上げしつつコスチュームやら台詞やらチェックしました。


「目障りだ」言い過ぎじゃないかね、この方(笑)


そして使いにくいかなと思ったら意外とそんなことなかった!

むしろ一見使いやすそうなWOLより勝率多い(笑)



そろそろイラストか漫画か落書きかどれかしらUPしたいわ。
手がかじかむのを温めつつ。


年末のせいかアクセス増えているので、アクセス多いうちに活動も活発化したいものである。
スポンサーサイト
category日記

メリークリスマス。

trackback--  comment--
カップケーキ

日付がもうすぐ変わろうとしていますが、メリークリスマス!

リア充どころか、病人で外界との接点が殆ど断たれている私。
なので逆にリア充爆発しろなんていうのは微塵も思わない。いやホントに。

イチャイチャしているカップルを目の当たりにすることがないからね。
それに、病気のせいでパートナーを作れないと思えば別にクリスマスにぼっちでもしょうがない\(^^)/


あと個人的に思うんだが、仮にパートナーいるとしても、カップルの人はクリスマスに相方と一緒に過ごさなきゃみたいな風習(?)が定着していること自体よくわからん。

私は、家族や友達などの多人数でホームパーティーしている方がよっぽど楽しいと思っちゃうな。


でも、過ごし方は人それぞれ!

楽しく過ごせればそれで良し^^


そしてクリスマスが過ぎれば正月ですねー。

1年って早いな~(>_<)


描きたいものいっぱいあるので、もっと作品増やしていきたいっす!


作業遅いし画力がないのが難点ですがねwww
categoryサイト関連

懲りずにまた、

trackback--  comment--
PIXIAで彩色するためにアナログで線画を描きました。
前回から懲りずに(笑)

まぁ、まだPIXIA は始めたばかりなので、もうちょい辛抱して使い続けようと思います。


因みに描いたのはケフカ様。
天野氏のケフカの衣装を見ながら描いたんですが、これケフカか?と思うような衣装になっちまったwww
完成するまで画像は上げませんのでお楽しみに(笑)


本当は今日絵板で描こうと思ったのですが、何にもインスピレーション湧かなくて描けませんでした(^^;

でもアナログで描くと何故か何かしら描ける。
多分、絵板は予めキャンパスサイズ決めてから描くけど、アナログは大きめのキャンパスに自由に描けるからだと思う。
今はきっとキャラの全身を描きたいんだと思います、私。

絵板だと小さいから全身だと細かく描ききれませんからね。


サイトのコンテンツをどんどん充実させたいねぇ。
categoryサイト関連

さっきpixiaでイラストを完成させたが…

trackback--  comment--
もう全然pixiaワケわからんwww
結構やれること限られてる気がするし、フォトショより手間かかって時間の無駄に思えたことも多々ありました(^^;

あの、私が愛用(?)してる覆い焼きや焼きこみツールないんですかね…。
瞳塗るだけで随分手間かかって嫌になったんだが(笑)


じゃあ使うなよって言われても他にソフトないし買う金がないっす(笑)

一応今回完成したイラスト(因みにティナです) はボツにせずにちゃんとUPします。
明日くらいには。

てか、こんだけ苦労したんだからUPはしないと気が済まんwww


アナログで色塗りしてもね、スキャンした後に、色を原物に近いようにするのが毎回うまくいかないのが嫌なんですよね~。
単に勉強不足ならまだいいが、どうも才能がないせいな気がする(笑)


こんな調子でサイトのイラストを今後増やしていけるのか不安である(^^;


何はともあれ疲れた!

やっと寝れる。
おやすみなさーい。
category日記

こたつで寝るとダメですね。

trackback--  comment--
リハビリにアナログでティナを描いてペン入れまでしました。

線の太さがマチマチだし足の長さがおかしいし、着色を全然使ったこともないpixiaでやることにしたのでイラストとしてUPできるか謎ですが、とりあえず最後までやります(^^;)


しっかし、pixiaって本当に使いにくいな!
何も苦戦せずにpixia使える人は何だ。神か。

使い勝手わからなすぎて色んな講座見てます。
初心者向けより普通のメイキングで見たやり方の方がやりやすそうだなぁと思いつつ、でも初心者だしどうしようと迷い中。
とにかくフォトショELと全く操作の仕方が違うので、戸惑う。
完成させられるのかしら(笑)


パソコンに向かいすぎるとやはり具合が悪くなります。
絵板の方がまだ楽だ…。
具合悪いのはこたつでうつらうつらしたせいもありますが。

明日は明日で用事があるので、あまり着色は進められなそうです。
category日記

久しぶりに調子が悪いお

trackback--  comment--
パソコンで打つ気力ないのでスマホから投稿してます。
今日はいつもより2時間早く朝起きたせいか、午後になってから調子悪くてパソコンに向かえなかったです(・ω・`)

でも、寝転んだり家事をして時間潰すのにも限界があり、昨日から読み途中の小説は読むという…。
いつもより調子が悪いせいもあって眼精疲労が凄まじいんだけど、続きが気になるからついつい読んじゃうんだ。


因みに読んでたのは、桐野夏生の「I'm sorry, mama.」。

具合悪いのに桐野夏生読むってwww
意識してないが、実はこれ読んで精神的にダメージ受けて具合悪いのだろうかってちょっと思った(笑)


いやはやしかし、最後まで読んだけど面白かった。
個人的に、小説は終わり方が納得できるものでないと嫌なんですが、桐野夏生さんはやっぱりスゴい。
納得してスッキリ読み終えました^^

こういう作家さんになれたらいいなーと思いますよ、私は。
エンターテイメントも書きたいけど、やっぱ文学らしいものを一番に目指したいところで。



最近、古いスキャナーを無理矢理使ってるので、アナログでイラストをUPしようと準備しています。
まだ昔の作品しか上げれてないですが、これから描くものも描き終えたら順次上げていきます。
が、筆が遅いのでその辺はご勘弁を(^^;


準備に伴い、ハイテックの0.25をネットで購入。
これがないとペン入れできねーんだ。
ただ、0.25は時々インク詰まって出なくなるのがたまにキズだが。
0.3と併用してペン入れしていきますー。
昔からやっている私のやり方^^

茶色も初めて購入しました。
使う機会あるかな。ドキドキ。


目がショボショボしてきたので、今日はこのへんで。
漢方薬飲んで寝まーす。
categoryサイト関連

サイト改装してみた。

trackback--  comment--
サイト改装してみました!
一応一通り確認してみましたが、不具合などありましたらご一報下さい。

あぁ頭痛いしのぼせるし目痛いし、改装いっぺんに頑張りすぎたかな(^^;)
今日クロノ進めてプレイ日記書きたかったんだけどなぁ、無理かなぁ。
のぼせと眼精疲労治れば気にせずできるんですけど。
category色々語り

福永令三さん「クレヨン王国」語り

trackback--  comment--
ブログ設置したので早速書きます。

最近私にとって非常にショックなニュースが舞い込んできました。

http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/terrafor/2012/11/post-4005.html


私の大好きな作家さんの一人である福永令三さんが他界されました。
この方は、私が小説家を志すルーツになった人といっても過言ではない、それだけ私に大きな影響を与えた人でした。
殊に「クレヨン王国 月のたまご」シリーズは、「クレヨン王国」に魅了されるきっかけとなった作品で、私にとってはとても思い入れがあります。

「クレヨン王国」シリーズを集めるのは当時少し苦労しました。
何しろ何編も続編が出ているので、色んな古本屋を巡ってかき集めたのですから。(当時私は小~中学生でしたので古本屋でないと金銭的に収集するのは難しかったのです。)
それだけ「クレヨン王国」の物語と世界観は私を惹きつけたのです。

しかし、私ほど「クレヨン王国」を好きになった人は、周りにはいませんでした。
何故なら、私が「クレヨン王国」に夢中になったのが小学校の高学年からでしたので、既に「クレヨン王国」を読むのに適した年齢ではなかったというのが理由の一つとしてあると思います。
世間での「クレヨン王国」に対する認識は、「小学校低学年が読むもの」だったように感じました。

また、長年に渡りシリーズを出してきたにも関わらず、アニメ化実現以降あまりメディアなどで話題に登ったりもしませんでしたし、売上の伸びが良かったという話も聞きませんでした。

文学作品としての評価も薄まっていったように思います。
・・・というより、シリーズを重ねるごとに評価の対象から外れていったのかな?というのが、私の見解です。
初期の「クレヨン王国」は文学作品としての位置づけが強かったと思います。
それが段々とエンターテイメントな作品に変化していきました。(読んでいてそう思いました。)


私が大学生だったとき、卒業論文の資料を探していると、偶然、福永さんのインタビュー記事を発見しました。
そのインタビューで、「クレヨン王国」があまり作品批評や解釈の論文に書かれてこなかった理由として、福永さんは「エンターテイメント作品だからだろう」と仰っていました。
作者自身もそう認識されていたのですね。

個人的に「クレヨン王国」が素晴らしい作品だと思っている私にとって、子ども向けのエンターテイメント作品だから、という理由で文学者や批評家にさえ「クレヨン王国」が読まれなくなってしまったのは悲しいことです。
特に一般の方は、アニメを観て、原作の「クレヨン王国」も凄くお子様な読み物なのではないかという印象を受けた方もいると思います。
子どもからの需要さえもあまりなかったのでしょうか、ここ数年では殆どの書店の青い鳥文庫コーナーから「クレヨン王国」は姿を消していました。
そして、そのまま福永さんが逝ってしまわれたのは実に遺憾なことです。


福永さんの作品には一貫として自然というテーマがありました。(本人がインタビューでそう仰っていましたし、読者の私もそれを感じていました。)
「クレヨン王国」は児童文学の枠からエンターテイメントに転じた作品ではありますが、そこには、現代人が忘れかけている自然の姿が常にあったのです。
ファンタジックな世界観、涙あり笑いありのストーリー、自然という大きなテーマなど、様々な要素が詰まっていた「クレヨン王国」。そういう意味でも、大人が読んでも物足りないような浅い作品ではなかったように感じます。
福永さんが逝ってしまわれた今、もう一度、「クレヨン王国」が再評価されてほしいと、個人的に願う次第です。


そして最後に、福永令三さん、「クレヨン王国」という素晴らしい世界を長きに渡り書き続けて下さり、本当にありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。
categoryお知らせ

日々の出来事を綴る用に。

trackback--  comment--
日常の出来事やらぼやきやら近況やらを綴る用にブログ設置してみました。
あと生存確認(笑)
絵板でも文字だけ投稿することはできるので「生存してます~」の報告はできるのですが、「絵板」という名目なので、やっぱり基本は絵を描くための掲示板にしたいんですよね。
あと絵板だと記事の検索できないので、こっちの方が使い勝手良いかなと思いまして。

というわけで、ブログの方もよろしくお願いいたします。
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。